INTERVIEW_03

Noriaki MAEDA

株式会社BL設計事務所 [ 前田 宜昭 ]

自らの仕事が、街の財産に

My contribution becomes a significant fortune.

自らの仕事が地域の話題になる。家族や友人たちに、携わった仕事のことで胸を張って話ができる。
そんな喜びもまた、BL設計事務所で働くようになって知ったことのひとつでした。

幅広いコーディネート力で、計画の実現をめざす

BL設計事務所はグループ企業の営業部隊からの案件に対して、いかに具現化させていくかを設計のプロとしてサポート、またテナント事業者の立場にも立って技術提案を行う集団。

最適な配置計画の立案、行政や関係機関との事前協議、各種調査や測量などを行いながら、より精度の高い建築提案へと落とし込んでいくのが主な役割です。

設計士といえば、図面を作製するイメージがあるかもしれません。しかし、BL設計事務所の設計士に求められるのは、図面を作製する能力はもちろん、総合的に建築計画をコーディネートする力。そのためには現場、役所など、さまざまなところへ足を運び、あらゆる関係者と直接対話することが大切です。調整不足が原因で着工後にトラブルが発生して竣工が遅れた場合、自社、テナントだけでなく、その施設のオープンを心待ちにしていた住民の方の生活にも影響を与えるかもしれない。

そんな大きな責任を背負っているからこそ、一つひとつの仕事に手を抜くことはできません。

責任の重さが、成長の早さにつながる

大手のハウスメーカーからBL設計事務所に飛び込んで一年。

リスクを察知するアンテナを常に張り、自分自身でも絶えず学ぶ姿勢を持つことで、建築の知識だけでなく、他法律や地域の条例にも随分と詳しくなることができました。これも、責任の重さがあったからこそ。

責任の範囲が狭く、限られた種類の建物への設計しかしていないままでは、ここまで積極的に新しい情報を吸収できなかった、と今になっては思います。そして、この責任の重さはやりがいにもつながっています。

1ヘクタール、2ヘクタール規模の複合型商業施設のプロジェクトでは、自らの仕事が街のニュースになる。
家族や友人たちに、あの施設は自分が携わった仕事なんだと胸を張ることができる。

そんな喜びもまた、BL設計事務所で働くようになって知ることができたことのひとつでした。

BL設計事務所発のプロジェクトを

まずは仕事のスピードと精度をさらに上げていくことが、私自身のミッションです。

そのためにはこれからもまだ体験したことのないような新しいプロジェクトにどんどん携わっていくことが不可欠。

仕事を通して知識、経験、勘など、あらゆるものを吸収し、次のプロジェクトにつなげていきたいと考えています。そして会社としてはBL設計事務所発のプロジェクトをつくっていくことが目標です。

グループ会社のBACS、LANDQという営業部隊からの仕事だけでなく、私たちからBACS、LANDQへバトンを渡せるような体制づくりにも取り組んでいきたいと思います。

Message

後輩へのメッセージ

前職では火曜・水曜が休みでしたが、BL設計事務所に転職したことで、土曜・日曜にリフレッシュできるようになりました。
何よりも嬉しいのは、家族で過ごす時間が増えたことです。

仕事のスケジュールも社員の裁量に委ねてもらえるので、自分の責任と判断でオンとオフを切り替えることができます。